バッジョ超え! 39歳パラシオ、ブレッシアの最年長得点記録を更新

スポンサーリンク
イタリア
スポンサーリンク

セリエBのブレッシアで、ロドリゴ・パラシオが新たな記録を達成した。『TMW』が伝えている。

ブレッシアはは11日のセリエB第3節でアレッサンドリアと対戦した。60分から出場したパラシオは、後半アディショナルタイムにチーム3点目を奪い、3-1の勝利に貢献している。

この夏にブレッシアに加入したパラシオは、39歳7カ月6日でのゴール。クラブの歴史で最年長得点者となった。これまでの記録はロベルト・バッジョで、2004年に達成した37歳3カ月21日という記録だ。

パラシオはブレッシア加入が決まったのが8月18日のことだった。しかし、ボローニャで夏の間も調整を続けていたためコンディションが良かったという。開幕戦から途中出場でピッチに立つと、第2節コゼンツァ戦でアシストを記録。第3節で早くもゴールを決めた。

ブレッシアは開幕3連勝と、セリエBで好スタートを切っている。

●【ハイライト動画】アレッサンドリア対ブレッシア(ブレッシア公式サイトへ)